英語できない社会人の留学は全然大丈夫!むしろ英語力の伸びしろ大

社会人のあなたが留学を思い立ったとき、不安になるのは英語力のことではありませんか?

”英語ができない”、”まったく話せないけど大丈夫だろうか?”、”中学と高校で勉強しただけの英語力で留学なんかできるのかな?”など。

そんなあなたに私は、”YES, YOU CAN! “「大丈夫です!」と確信をもって背中を押したいと思います。

いや、むしろ”英語ができない”ことは留学で英語力を伸ばせるチャンス、”伸びしろが大きい”ということです!

そこで今回は英語ができない社会人でも留学は全然大丈夫な理由を説明しますね。

英語ができない社会人は留学でリベンジできる!

とにかく留学したいのなら、最初から英語ができている必要なんてありません

今の自分の英語力で留学できるところに行きましょう。

語学学校(langage school)のEnglish langage courseなら、英語力に関わらず入学できます。

そうは言っても”自分の英語力では授業についていけないかもしれない”という不安も感じることでしょうね。

でも、大丈夫です。

入学のオリエンテーションの際に英語力をチェックするテストがありますから、それをもとに英語力レベルに合うクラスにあなたを入れてくれます。

だから自分の”ありのままの英語力”から英語勉強のスタートを切れるので心配することはありません。

それどころか海外で英語を学ぶことによって、これまでよりもはるかに英語力を伸ばせるのです。

社会人で留学した私がそのわけをお話ししますね。

「英語ができない」をリセットすれば留学で英語力が伸びる

学生時代の英語の成績が良くなかったとしても、社会人になってからは英語の勉強なんか全然してないから忘れてしまったとしても、英会話にまったく自信がなくても、留学して英語を学ぼうと思った時点でもうあなたはすでに”英語力を伸ばせるチャンス”を掴んでいます。

留学で英語を一からやり直せるからです。

ここで私から大胆な提案をさせていただきますが、いっそのこと留学を機に、今まで学んできた英語を”英語ができない”という思いと一緒にすべて忘れてリセットしてはいかがでしょうか。

リセットして英語を一から学ぶのです。

海外留学ではその方が効果的に英語力を伸ばすことができるからです。その理由を説明しますね。

ネイティブ・スピーカーのやり方で英語を学ぶから英語力が伸びる

日本で英語を勉強していた時、いちいち日本語に訳して英語を覚えていませんでしたか? でも、海外の英語学習の仕方は全然違います。

英語を英語のまま理解(インプット)して、英語で話す(アウトプット)するというネイティブ・スピーカー(英語を母国語とする人)の子供が言語を覚えていくようなやり方なのです。

つまり、子供は親兄弟の会話を聞いているとき言葉だけではなく状況や感情なども含めて覚えて(インプット)いきます。そして同じような状況や感情が起こったときに覚えた言葉をしゃべり(アウトプット)ます。それと同じ方法でやるのです。

その方がいったん翻訳して学んでいくよりも早いですよね? それにすべての英語をぴったりと日本語に置き換えることは不可能なのですから、翻訳して学んでいくという英語学習のやり方には限界があるのです。

でも英語が話されている文化と環境の中に入っている留学であればこそ、状況や感情なども含めて総合的に言語を覚えて使っていけるようになるので、英語力が伸びていくのです。

また、先生の教え方も違います。

日本では先生が一方的に生徒に教えるというスタイルですが、海外ではそれだけではなく、生徒同士でグループを組んでディスカッションしたり、ロールプレイングしたりするという方式をとっています。

言語はお互いのやり取り、つまりコミュニケーションですからお互いに聞き合う、しゃべり合うというやり方は言語を学習するために非常に合理的な方法だと私は思います。

ものごとを別の側面から見たり、今までと違うアプローチの仕方でやってみたりすると急に理解できることがありますが、それと同じことだと思います。

ですから日本で”英語ができない”と思ったことをすっかり忘れて、まったく新しい言語を学ぶつもりで頑張ってみたらいいのではないでしょうか。

英語だけの環境に入るから英語力が伸びる

英語学校のクラスには、日本語が通じない教師と英語を母国語としない国から来た生徒しかいませんから、否が応でも英語だけでなんとかしなければなりません。

学校以外のところでも英語に囲まれているので日常生活が実践的な学びの場となります。

たとえば日用品の買い物をするときには、自分が欲しいものを英語で表現しなくては目的のものが手に入らないので必死になります。

バスや地下鉄に乗るときも、ゴミの出し方も、チップの習慣もどうしていいのか分からないので、現地の人に尋ねざるをえません。

自分の意見を言うときだって、知っている限りの英単語を総動員して、身振り手振りの身体表現や絵を書いたりしてなんとか伝えようとします。

そんな風にいろいろと実体験で覚えられるのも留学ならでは。英語に囲まれた環境で、ネイティブの英語を一から学んでいけば必ず英語力は伸びていきますから頑張りましょう。

緊張感なく学べるから英語力を伸ばせる

社会人は英語ができなくても留学すれば英語力を伸ばすことができると言えるもう一つの理由があります。

それは海外に行くことで社会人は日本での緊張感やプレッシャーから解き放たれ、間違うことの恐れや恥を忘れさせるので、のびのびと学べるからです。

私も留学中にすごく実感したのですが、何故か海外の学校には日本の学校で感じるような緊張感とか「間違ってはいけない」というようなプレッシャーがこもった雰囲気がありません。

その雰囲気を作り出している要因の一つは、「先生」をTeacherと呼ぶのではなく、Mr/Msをつけて名字で呼ぶか、ファーストネームで呼べることです。

それによって先生に気軽に声をかけられましたし、先生の方も”質問はいつでも大歓迎”、どんな些細な質問にも丁寧に答える態度がありました。それは私にとってはカルチャー・ショックでした。

だって日本の教室では生徒が”こんなこと質問したらバカじゃないかと思われるのでは”とか、”こんなことが分からないなんて恥ずかしい”と思ってしまうので質問したり、発言したりすることができないからです。

実際、私たちの脳はリラックスしている方が学習能力が上がるそうです。

だから海外留学はこのように極度な緊張感がない、のびのびとした雰囲気で学べるので英語力を伸ばすことができるのです。

互いに励まし合う仲間がいるから英語力を伸ばせる

英語学校には国籍も年齢も職業も異なっているけれども、”英語ができない”という共通の悩みを抱えた人たちが集まってきます。

これだけでもインターナショナルですごい経験だと思うのですが、彼らと励まし合って、一緒に頑張ることが英語力を伸ばすことにつながります。

でもお互いに英語がうまくできないのに、どうやってコミュニケーションできるのという疑問がわきますよね?

英語学校では教師が一方的に学生に教えるだけではなく、学生同士をグループ分けしてグループワークやロールプレイングの時間をもちます。

グループワークをすると英語がうまくできない者同士が助け合うようになります。そしてここに不思議な力が働きます。

それぞれが自分の持っている英語力の範囲内でも頑張って話し、相手の言うことも懸命に分かろうとするうちになんととなく通じてくるのです!

ですから互いに励まし合える英語学校の仲間がいることは、互いの英語力を伸ばしていくことにつながります。

まとめ

英語ができない社会人でも語学学校に留学すれば全然問題なく留学できます。今の自分の英語力に合わせたクラスで学べるから授業についていけないなんてことはありません。

むしろ留学は今まで学んだ英語をリセットして一から学び直せるチャンスですし、その方が英語力を伸ばすことができます。その理由は

  • ネイティブ・スピーカーのやり方で英語が学べるから
  • 英語だけの環境にいるから
  • 緊張感なくのびのびと学べるから
  • 互いに励まし合う仲間がいるから

ですから英語ができないから留学をあきらめるのではなく、むしろ留学は”英語を一から学び直すことができるチャンスだ”、とか、”リベンジするんだ”というつもりで一歩踏み出してみてはいかがでしょうか。

 

コメントは受け付けていません。